トップ
和服リフォーム  洋服リフォーム  フラメンコ衣装
婦人服 も  一着一着 真心をこめて 作っています
私のふるさと

ふるさと福井に広がる
フラメンコの情熱的な響き

  ソーイング美登里
電話 0776-26-3486 FAX 0776-37-4460



自信のある生地しか売らない
という製造直販の生地屋さん

 

和服リフォーム2

  価格特別取引法表示 地図
> DVD(動画)で自ら和服リフォームんの実演も… > 和服リフォームを愉しむ!
> 和服リフォームへの思い FBC(福井放送)にも登場! > 着物にまつわるエピソード
「生まれ変わった着物たち」   小林 みどり 著 (ソーイング美登里) 
   DVD(動画)で著者が実演も…
着物や帯からリフォームした「ブラウス」や「ワンピース」などとともに、
着物の「ほどき方」、「洗う」、「縫う」まで、作品にするまでの一連の作業も、
DVD(動画)で実演・紹介しています。
生まれ変わった着物たち 小林みどり 著
着物をほどいてから、あらう、ぬうまでの作業をDVD付で紹介
2009年4月発行  
DVD(動画)では、著者が2着の着物を「ワンピース」で1着、「ブラウス」で1着それぞれリフォーム、作品に仕上げていく作業を実演・紹介しています。

着物を「ワンピース」(写真)に、へのリフォーム実演では、下記の流れに沿って進めています。


 
和服リフォームへの思い
  

          すその広がる和服リフォーム、FBCのリアルタイムに登場!     

 最近、和服を洋服にリフォームした衣装の展示会やファッションショーがあちこちで開かれています。一方では、ファッション雑誌でも大きく取り上げられている和服リフォームの記事をよく見かけますし、さらには公民館などで和服リフォーム講座も開催されています。このような流れをみていると、ひところに比べて和服リフォームを楽しむ人のすそのが広がり、ちょっとしたブームになっているような気がします。

 このような背景の中で、先日(2007年5月29日)放映されたFBCのリアルタイム「お仕事拝見」の番組で、ソーイング美登里の和服リフォームが紹介されましたが、日ごろからより多くの人に和服リフォームの楽しさを知っていただきたいと思っていたこともあり、この番組で紹介されたことにとても感謝しているところです。

 振り返りますと、婦人服仕立てをしていた私が和服リフォームを手がけるようになったのは、今(2007年)から10年ほど前です。明治生まれのお姑さんの着物を持っている知り合いから、「麻の着物、何かにならないかなぁ」と相談されて麻の着物をブラウスにしました。それが和服リフォームの最初の仕事でした。依頼された方からは「着心地がよく、味のあるブラウス」ととても喜ばれ、そのときのうれしさは今でも忘れません。その後しだいに口コミで広がり、今日まで和服リフォームの仕事を続けてきました。

 和服リフォームを始めた頃は、形見分けでもらった着物を洋服にする人、大島紬などの着物の柄が好きで洋服にする人が多かったと思います。しかし最近では、外国への旅行に、和の柄、和の色合いの物を着て行きたいので着物を洋服にする人、留学している人が外国のパーティーで日本らしさをアピールするために着物を洋服にする人、自分の着物を着る機会がないので着物を洋服にする人も。和服リフォームを楽しむ人の目的が多様化しているようです。

 もっとも、私はもともと日本文化の象徴の一つでもある着物がとても好きですし、もっと着物を着る人が増えてほしいと思っています。ただ、タンスの中に大切にしまっておいた着物が最終的には捨てられてしまうというような話を聞くこともあり、そんなことなら、一つの選択としてその着物を洋服などにリフォームしてみてはいかがですかと、提案しています。


          着物独特の色使い、柄ゆきの好きな人は多い

 形見分けでいただいたり、タンスの中に大事に仕舞われていた着物ですが、着物独特の色や柄は、洋服にするとまた新鮮に感じます。ツーピースやワンピースなどにリフォームすると和の柄が生き返り、それを楽しみに和服リフォームする人が増えています。

着物は、昔から受け継がれてきた日本の文化の象徴の一つですが、最近はその大事な文化がなぜか、粗末に扱われているような気がします。タンスの中に、代々受け継がれてきた着物を大切に仕舞っておいて、結局は捨てられてしまうこともあるという話を聞くたびに、またはフリーマーケットで、昔の着物が山積みにされて売られている光景を見るたびに、そう思います。 また、今の生活様式は、洋服を着て生活するのがあたりまえとなり、冠婚葬祭の行事でさえ、着物を着ることが少なくなってしまいました。

着物が好きな私にとっては本当にさびしいことですが、着物を着る機会が少なくなっても、着物独特の色使いや柄ゆきの好きな人はとても多いようです。



         捨てられてしまうかもしれない着物、着心地のいい洋服に甦る


  私はもともと洋裁が専門ですが、1998年ごろ知人に頼まれて、明治時代に作られた着物をブラウスやワンピースに初めてリフォームし、この頃から、古い着物に伝統の重みを感じるとともに関心をもつようになりました。昔の着物はすごく素材がいいので、なんともいえない肌触りの洋服に仕上がります。もしかすると、捨てられてしまうかも知れない着物が着心地のいい洋服によみがえる。着物のリフォームはすばらしいことだと思います。依頼者の中には「形見分けでもらった着物を洋服にリフォームして、いつまでも身に付けていたい」という方もおられ、着物にハサミを入れるときは身の引き締まる思いがします。 




和服リフォームを愉しむ
和服リフォームした衣装で結婚式に参列=米国在住のリース千葉早智子さん
着物にまつわるエピソード参照
母の形見、麻の着物を洋服にリフォーム=伝わる母の気持ち、夏が待ち遠しい

 昨年(2007)12月、お母様の形見の麻の着物をブラウスとスカートにリフォームされた米国カリフォルニア州ウッドランドヒルズ在住のリース千葉早智子さん(写真=向かって一番左)から、その衣装を結婚式で着た時の写真が届きましたのでご紹介いたします。早智子さんの隣がご主人で、その隣がご主人の職場(アーバン・リサーチでGIS(地図)のコンピュータ・プログラマー)の同僚夫妻です。

 今年(2008)の夏、20世紀初頭の豪華な歴史的建造物として知られるホテル、キャッスル・グリーン(ロサンゼルス近郊のパソデナ市)で、同夫妻奥さんの姪御さんの結婚式が行われ、写真はその時に撮られました。

 和服リフォームした衣装の反響について周囲の人達からは、「とても素敵」 「絣はインドが発祥地ですよ」 「夏にふさわしい美しいドレスですね」などと言われ、日本人からは「私も実家の母に着物をもらってリフォームしたい」「 着物がこんなにモダーンにリフォーム出来るのね」との声が聞かれたという。

 「私は通訳をしていますが、映画の字幕もやります。最近 HellBoyの嵐の剣というアニメの字幕をしました。今年(2008)10月にソニーピクチャーより発売されます。もしよかったら見てください」とお仕事に余念がない早智子さんですが、一方では「次のリフォームはどれにするか迷っています」とも。お仕事の合間に和服リフォームをとても楽しんでいるように見えます



着物にまつわるエピソード
海外にも広がる和服リフォーム

母の形見、麻の着物を洋服にリフォーム=米国在住のリース千葉早智子さん
- 伝わる母の気持ち、夏が待ち遠しい -

和服リフォームした衣装で結婚式参列=リース千葉早智子さんから写真届く
「麻の着物」を「ブラウス」と「スカート」に=在米日本人女性

 昨年(2006年)5月に92歳で亡くなられたお母様の形見、麻の着物を洋服にリフォームしたのは、米カリフォルニア州ウッドランドヒルズ在住の日本人女性・リース千葉早智子さんです。この洋服は、ちょっとした外出着にされるそうですが、一生身近に置いて着ることを考えてリフォームしたようです。

 早智子様は、形見の着物をほどいて、洗い、そしてアイロンがけと、リフォームする前の一連の作業をご自身でされました。この作業は初めての経験だったことから、着物を洗うのがとても怖かったそうです。しかし、一番大変だったのは着物をほどく作業だったとか。それだけに、無事作業を終えたとき、あるいはリフォームした洋服を手にしたときの喜びは、より大きなものを感じられたのではないでしょうか。喜ぶ表情が目に浮かぶようです。

リフォームした洋服の早智子様の感想

 ちょっとやせたのかもしれません、ブラウスの下にTシャツを着ればちょうど良くなると思います。スカートもぴったりでうれしいです。 とてもとても素敵で、母の気持ちが伝わってきます。ボタンもさすがみどりさんが気に入って選んでいただいた素晴らしいボタンで服にぴったりです。 夏がまちどうしいです。

ソーイング美登里より

 ブラウスは、ちょっとゆったりめに仕上げたので、ゆるみが多かったようですね。その部分がちょっと残念ですが、メールだけのやりとりで、何とか気に入っていただけたようで、私もとてもうれしいです。ホッとしました。ありがとうございました。


子供の着物をブラウスに=パッチワークにでもと思っていた素材の蘇生ぶりに驚き

子供の着物をブラウスに

子供の着物を「ブラウス」にしました。 昔はお嫁に行くときに、子供の着物をほどいて襦袢に仕立て直して持っていく、という合理的な考え方があったそうですね。吉田さんも昭和の初めごろ、お姉さんが嫁ぐときに、吉田さんのお気に入りの着物が襦袢にされたことがあったという。その時は「とても悲しかった」とか。このブラウスの素材も、子供の着物をほどいて襦袢に仕立て直したものです。

これは近所の人からもらったものですが、それをくれた人は「パッチワークにでもすればいいと思っていた襦袢が、こんなに体になじむブラウスになるとは思わなかった。柄も派手に感じない」とびっくりされたようです。吉田さんは「ブラウスにしてまた着ることができる」と、懐かしそうに昔を振り返りながら、とても喜んでおられました。



お舅さんの麻の着物、ブラウスに=故福田一氏(元衆議院議長)にまつわる思い出話も

「麻の着物」を「長袖ブラウス」に「麻の着物」を「長袖ブラウス」に「麻の着物」を「半袖ブラウス」に

 麻 の着物を「ブラウス」にしました。麻の着物は、松田さんが今、介護している94歳のお姑さんの旦那さん(松田さんのお舅さん)が着ていたものです 。

松田さんによると、お舅さんは旧制中学校時代、故福田一氏(元衆議院議長、福井県大野市出身) に、英語を教えていたこともあるそうです。英語を教えに行くときは、この麻の着物に、帽子をかぶって出かけられたとか。お舅さんのお若いころが偲ばれます。



代々受け継がれた麻の着物、スーツに蘇る=お父さんの命日に、このスーツを着てお墓参りへ

麻の着物をスーツに

 岸本さんのおじいさんの麻の着物を「スーツ」にしました。この麻の着物は、おじいさんが亡くなられた後は、お父さんが着ていたそうです。お父さんが亡くなられてからは、タンスの中に大事にしまわれていたのですが、これが岸本さんの「麻のスーツ」によみがえりました。お父さんの命日に、このスーツを着て、お墓参りに行かれるそうです。